第一部

1.物書きになる秘訣、おしえます

2.そしてすぐノイローゼになってしまった

3.頭がいかれても、大丈夫ですか?」

4.まずは短編小説を

5.取るぞ新人賞、なんて若いぼくは張り切った

6.「おれはすごい」という奴には近寄るべからず

7.天気予報士の声に救われる若者の部屋

8.小説を書きたいんです

9.物書きになりたい。どうしても、なりたい

10.とにかくチャンスが欲しかった

11.いよいよ危なくなってきたぞ、と自分のことを考えた

12.自分は、おかしいのか?

13.その感じ、は突然、やってくる

14.おまえ、ホントに大丈夫か?

15.「暇ならウチで働いてみないか?」と誘われた。

16.二ヶ月間は我慢をしようと思った

17.おれは一体なにをしているんだろう?

18.中国を一人で旅する、ということ

19.あの言葉に助けられたんだったなあと思い返す

20.小説を書き上げた日

21.旅のはじまりが近づいている

22.誰かと話したいなあと思っても・・・

23.まず成田にどうやって行けば良いのか?

24.成田に行きたいんですとぼくは言った

25.これから俺はどうなるんだろうか?



ホーム